iPadで電子書籍を

iPadで電子書籍を楽しむ

「iPad」といえば、発売前のCMでは「電子書籍」が楽しめるという点に注目が集まりました。
本が読める端末というイメージがあるのは、きっとそのせいでしょう。
実際には、「iPad」を使っている人で「電子書籍」をメインに使っている人はあまり多くないかもしれません。
しかし、その「電子書籍」という発想に驚いたものです。
ニュースでもよく取り上げられましたし、TVや雑誌等で「電子書籍」の「本棚」の画面を見た方も少なくないでしょう。

 

「iPad」で「電子書籍」を楽しむには、「iBooks」というアプリを使います。
この「iBooks」自体は無料のソフトになります。
「iBooks」をインストールしたら、「iBooksStore」で本をダウンロードすることになります。
ダウンロードする本は、無料のものも有料のものもあります。
こうしてダウンロードした本は、本棚に並べられます。
そうそう、TVや雑誌などでよくみかけたあれです。
ダウンロードするたびに、この本棚に並んでいくのです。
「iBooksStore」では、いろいろなジャンルの本がそろっています。
ジャンル別検索も可能ですので、自分のお気に入りの本を見つけてください。
また、「iPad」を起動すると、まず本棚が表示されるので、本を読みたい時は、この本棚から読みたい本をタッチします。
「iTune」を利用することで、本棚をうまく整理することもできます。
そうすれば、読みたい本をさっと探し出すことができますよね。
まるで、現実の本棚のような使い方が可能なのです。

 

「iPad」で「電子書籍」を読むなんて、ちょっと読みにくい感じがして抵抗があるという方もいるかもしれません。
でも、一度体験してみると、それほど違和感がないのです。
画面全体が本のページになっているので、本当に本を読んでいる感じに近いのです。
ページをめくるのも、指でさっとスライドするだけ。
ちょっと抵抗が…という方も、一度、デモ機などで体験してみるといいかもしれませんよ。