iPad iPod

iPod

「iPad」には、大人気の「iPod」も標準搭載されています。
使い方も、「iPod」と同じなので、きっととても便利だと思います。
基本的には、iTuneに音楽をダウンロードするか、CDなどから入れて、それを「iPad」に送るというシステムです。

 

「iPod」と違うのは、音楽が視覚でも楽しむことができるという点です。
せっかくの大画面ですから。
これを使わない手はないですよね。
「iPad」で「iPod」機能を楽しむときには、画面上でも音楽を楽しむことができるのです。
実際に、アルバムを手にとって、いろいろなアルバムから1枚を選びだすような感じで、選ぶことができます。
「iPad」で「iPod」機能を使うと、ミュージックコレクションが表示されます。
曲ごと、アルバムごと、アーティストごと。
いろいろ表示させることができるのですが、たとえばアルバムごとに表示させてみます。
そうすると、「iPad」の大きな画面で、アルバムを1枚ずつ繰っていき、まるで本物のアルバムから1枚を選び出すような感じになるのです。
お気に入りのアルバムをみつけたら、そこでストップ。再生スタートです。
また、操作もいたって簡単。
画面上で、音量調整もできますし、もちろん再生や停止、一時停止もできます。
シャッフルしたりすることもできます。
ヘッドフォンをつなぐこともできるので、どこでも音楽を楽しむことができるというわけです。

 

また、お気に入りのアプリを探すときにつかう「Genuis」機能を使うと、もっともっと「iPod」機能を楽しむことができます。
自分が今までにダウンロードした曲から、自動的に曲を選択してくれるのです。
iTuneを使い、ちょっとした設定をするだけで、いろいろな曲を選んでくれるのです。
自分では選ばないような曲や、新しい曲、思いがけない曲を選んでくれるので、音楽の幅が広がっていくかもしれません。