iPad safari

safari

「iPad」でインターネットを楽しむためのツールとして「safari」というアプリケーションが標準搭載されています。
「iPad」上で機能する、ウェブブラウザです。
この「safari」があるからこそ、「iPad」はどこでもいつでも、インターネットを楽しむことができるのです。
一番の特徴は、「iPad」を横向きに持てば横向きに、縦向きに持てば縦向きにと画面が自動的にかわるということです。
これは、「iPad」以外では、なかなか経験できるものではありません。
よく考えたら、すごい機能ですよね。
自動で向きを変えてくれるなんて。
また「iPad」はマウスなどは当然ないので、スクロールしたりするときは、画面上を指でサッとなぞるだけ。
ページもどんどん進んでいくことができます。もちろん戻ることもできます。
ダブルクリックだって、とても簡単。画面をポンポンと2回たたくだけ。
本当に、誰でも簡単に操作することができるのです。
こうした機能も、「safari」のおかげです。
「safari」がなければ、「iPad」の機能をフル活用させることは不可能です。
それくらい、「safari」というのは重要なアプリになります。
ですから、標準で搭載されているというわけですよね。

 

ちなみに、「iPad」でインターネットを楽しむためには、もちろんインターネットに接続できなければなりません。
「Wi-Fiモデル」では、自宅の無線LANを使ったり、公共無線LANのある場所で。
「3Gモデル」の場合は、どこでも好きな時に好きな場所で、3G回線を使ってインターネットを楽しむことができますよ。