スケジュール管理をiPadで

スケジュール管理をiPadで!

携帯電話にもある「スケジュール管理」機能。
これって、うまく使いこなせてますか?
携帯電話の「カレンダー」を使って、自分のスケジュールを管理することができます。
時間を登録したり、待ち合わせ場所をメモったり。
時にはアラームを設定しておいて、絶対に忘れないようになんてすることもできます。
これなら、うっかり忘れていたなんてことも防げます。

 

同じような「スケジュール管理」は「iPad」でももちろん可能です。
携帯電話より画面が大きい分、メモもたくさん残せて、本当に便利な機能なのです。
特に、ビジネスマンなんかには、とっても重宝されている機能だそうです。
メモ機能もいっしょに利用して、例えばお客さんとの打ち合わせのときに、いろいろな情報をメモする。
そして、次回の予定を決め、それをスケジュールで管理する。
もちろん、他のお客さんとバッティングしなよう、しっかりと管理することが可能です。
「iPad」のカレンダーは、日単位、週単位、月単位で表示することができるので、その時に使いやすいように表示して使いましょう。
そして、「iPad」のカレンダーのすごいところは、実は、用途に合わせていくつかのカレンダーが作成できるという点なのです。
これは、携帯電話では不可能ですよね。
「iPad」だからこその機能なのです。
仕事とプライベートを分けたり、家族の予定と個人の予定を分けたり。
使い方は自由。
もちろん、これらのカレンダーをまとめて表示することも可能ですから、本当に便利な機能です。

 

iPhoneやiPod Touchを使っている人は、それぞれ別々のカレンダー機能があり、バラバラに予定が登録されていることもあるでしょう。
そんなときは、iTunesを利用すると、一元化して管理することも可能です。
「iPad」は、スケジュールを管理するにはもってこいの端末なのです。