iPadをメモ帳代わりに

iPadをメモ帳代わりにしよう

パソコンにも「メモ帳」という機能がありますが、「iPad」にも同様の機能があります。
パソコンの「メモ帳」機能を使ったことがある人はわかるかもしれませんが、この「メモ帳」って、意外と使いにくいんですよね、実は。
でも、「iPad」はそうではありません。
これが、とっても使いやすくて便利。
当然かもしれませんが、パソコンのメモ帳機能は、メモ帳というには持ち運びすることがむつかしく、パソコンを開いていない時は確認もできません。
ですから「メモ帳」というニュアンスとは、ちょっと違うんですよね。
その点、「iPad」の「メモ帳」は、本当に「メモ帳」って感じなのです。
メモを取りたい時にとって、見たい時に見ることができる。
これは、やっぱり持ち運びができる「iPad」だからこその機能です。
パソコンのように、立ち上げるのに時間がかかるということもありませんからね。
気になったことがあれば、すぐにメモ帳に書き込む。
そして、見たい時に、見たい場所で確認する。
オンスクリーンキーボードになっているので、簡単にメモを取ることもできます。
キーボードのように、パチパチと音が気になるなんてこともありません。

 

また、「iPad」のメモ機能は、他のアプリとリンクすることができるというのもメリットです。
たとえば、地図なんかとリンクさせると、調べたいと思っていた場所をメモに記録しておいて、マップアプリケーションを開くことで、地図を探すことができますよね。
誰かの連絡先を聞いた時、さっとメモに記録して、連絡先アプリケーションを開けば、さっとその情報を登録することもできます。
こうして、「iPad」上で、メモに記した情報をリンクさせることで、いろいろな作業がとっても簡単に済むのです。
また、iTunesを使うことでバックアップをとることができるので、安心できるんですよ。