iPadをナビの代わりに

iPadをナビの代わりにしよう

パソコンで、Googleマップを使ったことはありますか?
普通の地図とは少し違って、ストリートビューが見れたり、航空写真がみれたりするのです。
地図というよりは、本当に景色を楽しむことができるような、画期的なサービスです。

 

この機能を「iPad」でも使うことができます。
「iPad」の画面で見ると、なんだかすごく不思議な気分になります。
「iPad」の画面は、全画面表示なので、まわりに余分な物が表示されません。
しかも、大画面、高画質なので、本当にクリアにストリートビューなどをみることができるのです。
パソコンで見るのとは、ちょっと違った感覚になります。

 

「iPad」を3Gで楽しんでいる方は、この機能を使って、ナビの代わりにすることもできます。
3G回線を使うことで、GPS機能が搭載されていますので、自分のいる位置を特定することができるからです。
現在地が特定できるので、目的地を設定すれば、当然ナビ代わりになるのです。
行きたい場所の名前がはっきりとわからなくても、ストリートビューなどでその周りの景色を確認することができるので、目的地も設定しやすいのです。
ストリートビューでマップ機能を使うと、まるで自分が、その場にいるような感覚になります。
同じマップ機能でも、実際の景色がうつるのと地図が表示されるのとでは、本当に全然違うのです。
地図としてだけでなく、景色まで楽しむことができるなんて、魅力的ですよね。
その他にもいろいろな機能があります。
いろいろ試してみて、新しい発見をするのもいいですよね。
使っていくうちに、自分の好きな使い方を発見するはずです。
こうして、自分の使いやすい地図を選ぶことができるというわけです。