iPadを選ぶポイント

iPadを選ぶポイント

大人気の「iPad」ですが、一言で「iPad」といっても、いくつかの種類があります。
自分の利用目的や使い方などの合わせて、一番ぴったりの「iPad」を見つけてくださいね。

 

まず選ぶときのポイントですが、自分にパソコンの知識があるかどうかを考えてみてください。
パソコンにはあまり自信がないという方は、一番ベーシックな「3Gタイプ」のものがおススメです。
場所を問わず、家でも外でも「iPad」を使うことができるからです。
無線LAN等の機器も必要ありません。

 

あまりパソコンは使わないけど、「iPad」を購したいという方は、「電子書籍」が目的という人が多いかと思います。
「電子書籍」メインで利用される方は、容量もそれほどなくていいので、16GBでしょう。
このようなタイプの「iPad」を選べば、パソコンが苦手だという方でも、普通に使いこなすことができます。
料金の問題があるので、できれば「定額制」をおススメします。
そうすれば、料金を気にすることなく、電子書籍を楽しむことができるからです。
ただし、定額制ということは、毎月、固定の費用がかかるということです。
使っていなくても費用がかかるということだけは、覚えていてください。
データ通信料が2950円、WEB使用料が315円。合計で3000円以上かかります。
携帯電話や自宅のPCでインターネットをするような方は、逆に損になるかもしれません。
そういった方は、定額制にするのはやめましょう。
逆に、高くなってしまいますよ。

どこで使おうと思っているか?

「iPad」を購入する方は、その「iPad」をどこで使おうと思っているかということも、選ぶポイントのひとつになります。
たとえば、持ち歩くことなく自宅でのみ使おうと考えている方は、「Wi-Fiモデル」の「iPad」を選びましょう。
「Wi-Fiモデル」の「iPad」を使うためには、無線ルータが必要です。
ご自宅で、無線LANを使ってインターネットを利用している人は、特に購入する必要はないのですが、そうでない方は、購入しなければいけません。
現在、どんな方法でパソコンをインターネットにつないでいるかということを確認しておきましょう。
この無線ルータは、プロバイダーでレンタルをすることも可能です。
しかし、5000円程度で購入できるので、ずっと使うなら、レンタルよりも購入することをおススメします。

 

外でも「iPad」を使いたいという方は、「3Gモデル」の「iPad」を選んでください。
3Gは、携帯電話で使われている回線と同じなので、携帯電話がどこでもつながるように、「iPad」もどこでもインターネットにつなぐことができます。
もちろん、携帯電話同様、電波の弱いところもあるのですが…
ただ、この「3Gモデル」の「iPad」を選ぶ場合は、これ以外に持ち運びのできる端末でインターネットにつないだりしていないかということを見直してください。
なぜなら、「3Gモデル」の場合は、どこでもインターネットにつなげるという携帯ルータの月額使用料を支払うことになるからです。
たとえば、「iPodTouch」や「ネットブック」等の携帯端末を持ち歩いているような方は、これらでも同じく月額使用料を支払っていることになります。
ですから、ダブルで使用料を支払うことになるのです。
これって、かなりもったいないですよね。
「iPad」以外の携帯端末を持ち歩いているような方は、「iPad」は「Wi-Fiモデル」を選ぶとよいかと思います。
必要な時だけ、インターネットにつなぐという方法をとってはいかがでしょうか。
このように、自分自身がどのように「iPad」を使おうと考えているかで、おススメの「iPad」の機種が異なります。
購入する前に、仕様場所や方法をしっかりと考えておきましょう。