iPad

近頃、街中でもiPadを持ち歩く人を見かけるようになりました。

以前は、お店に置いてあるデモ機くらいしか見なかったのですが、一般的にも普及し始めたんですね。

 

このiPad、いったいどんなものなのでしょうか?
簡単に持ち運びのできるパソコンで、iPhoneやiPhoneTouchが大きくなったものをイメージしてください。
といっても、iPhoneやiPhoneTouchより、かなり画面は大きく、とても見やすくなっています。
その液晶画面は9.7インチで、解像度は1024×768ピクセル。
通常のパソコンと比べても、なんら引けをとらないですよね。
それでいて、持ち運びに便利な大きさ。680gで13.4mm。
パソコンを持ち歩いている人にとっては、とってもうらやましい大きさです。

 

このiPadは、インターネットにも接続できます。
その方法は主に2つ。無線LANか3Gを利用します。
アプリケーションも多数あるので、自分なりにカスタマイズすることで、とても使いやすいものになります。

 

2010年4月にApple社から発売された、タブレット型のコンピューターであるiPad。
家庭向けに作られたものです。
操作もとても簡単で、タッチパネル形式。
iPadは、これから、ますます普及していくと思われます。

iPadとは

Apple社から2010年に発売された「iPad」
これは、家庭向けに作られたタブレット型のコンピューターで、その使いやすさから、どんどんユーザーが増えています。
最近は、お店だけでなく、いろいろな場所で使っている人を見かけますよね。
iPhoneやiPhoneTouchよりは大きく、ノートパソコンよりは小さい。
そんなイメージです。
もともとは、電子書籍を見るためのものというイメージが先行していて、なかなか普及しないのでは?と考えられていました。
しかし、電子メールもできるし、ゲームもできる、もちろんインターネットもできるし、音楽も楽しめる。
たくさんの機能が、パソコンよりももっと簡単な機械でできるのです。
そりゃ、人気がでるはずですよね。
大きさも、B5程度で、重さも680g。薄さは13.4mm。
どこへでも、持っていける大きさです。
操作もとっても簡単。
タッチパネル方式なので、めんどうなキーボード入力をしなくても大丈夫。
すべて、画面上の操作なのです。
こうした、多機能携帯情報端末のことを「iPad」というのです。

 

先ほども触れましたが、もともとは、電子書籍を見るためというイメージの強かった「iPad」
しかし、実際には、電子書籍としてま、まだまだその数が少ないのが現状なのです。
ですが、これだけ「iPad」が普及してきましたから、きっと、近いうちに、その数が増えていくと思います。

大人気のiPad

Apple社から発売された「iPad」
同じくApple社から発売されている「iPod」や「iPhone」は、ご存じのとおり、日本でも大人気ですよね。
「iPad」も、同じように、日本でも受け入れられるのでしょうか?
始めは、そのような心配もあったようです。
「電子書籍」=「iPad」という感じで取り上げられていたので、もしかしたら、受け入れられないかも?というふうに考えられたようです。
しかし、実際に発売されたら、「iPod」や「iPhone」と同様に、ヒット商品となりました。
「iPad」は、wordやexcelなどのビジネス用途ではなく、メールやインターネット、音楽などを楽しむことができる「多機能携帯情報端末」なのです。
さまざまなアプリケーションが開発され、自分の好きなようにカスタマイズすることができるます。
自分の好きなアプリケーションをダウンロードすることによって、とても使いやすくすることができるのです。
このように、自分でカスタマイズすることができるという点が、「iPad」魅力ではないでしょうか。
想像している以上に、多くのことができるのです。可能性が無限だということです。
そう考えると、こうして大人気なのがわかりますよね。

 

「iPad」は、とても持ち運びに便利な大きさです。
それも、大ヒットの理由のひとつだと思います。
パソコンを使おうと思うと、まずは場所を考えなくてはいけません。
立ち上げたりすることもめんどうですよね。
その点、「iPad」は、使おうと思ったらすぐに使えて、場所もとらないのです。
片手で簡単に操作することもできて、その操作性にも優れています。
これから、ますますこの「iPad」人気は広がっていくと思います。

おすすめさいと